ニュース

記者のセンスと、情報を出す側のセンス
( 2009年5月28日 )

仕事がら、ざっとみても1万通以上のリリース文を見てくると、ひと目で「読む気がしない」→「メディアにも取り上げられない」→「伝わらないだろうな」と判断できる内容のものが少なくない。マスコミ各社や記者クラブなどには、毎日山ほどのリリース資料が届くわけだが、どれがニュースか分かりにくい文面やくどい内容、日本語がめちゃくちゃな文などは、もうそれだけで取り合ってもらえないと考えた方が無難だ。そうなればせっか...

投稿者 candb2012Posted at:

広報活動の評価基準
( 2009年5月19日 )

広報支援をしていて思うことは、自社に関する新聞等の記事掲載実績が、内容まで踏まえて評価されていないことが多い点だ。 広報部門にとって、掲載記事の評価の仕方はいろいろある。掲載件数もそうだし、掲載ボリュームもそうだ。もしろん記事内容の「良い」「悪い」もある。 そして、そのような形で見える化し、第3者組織なりの評価結果として受け取ることが大半であろう。 しかし、よくよく記事内容を吟味してみると、...

投稿者 candb2012Posted at:

長期的な地域活性化の基盤づくり
( 2009年5月12日 )

全国にはさまざまなレジャー施設があるが、ある地方施設の集客広報&営業支援を始めた際、まず突き当たったのは、変化を好まない体質だった。 どう全国にニュースを発信するのか、そのための体制づくりに向けて、どこまでの変化を許容するのか。内的にはそうした微妙なやり取りを続けながら、全国ニュースづくりに向けて4年ほど知恵を絞ってきた。 最初に取り組んだのは、地元地方とのリレーション活性化である。地元はなお...

投稿者 candb2012Posted at:

大型リチウム電池の未来
( 2009年5月9日 )

広報活動をしていると、利益後回しで応援したいビジネスに出会ったりするものであ る。 そのひとつが、大型リチウム電池である。まさに、現代社会の”乾き”に相当するも のではないだろうか。 エジソンパワーという、元衆議院議員の山田氏が立ち上げたベンチャー企業の電池 は、すぐにでもメガワット級の電池まで商用ベースで用意できるし、実績もある。米 国では、同じ技術を活用する系列会社の電池工場建設に...

投稿者 candb2012Posted at:

ブログ再開
( 2009年5月8日 )

サイトの更新をずいぶんさぼってしまった。おかげで知人らからは、会社の安否も不明と言われる始末。まあ一応、生きてはいる。 というより、ほとんど以前と変わっていない。当社の場合、広報支援とキャリア支援を行っているわけだが、広報でいえば、メディアの勢力図が変わっていく状況をにらみながら、企業等の広報戦略を考え続ける仕事を粛々とこなし、キャリアでいえば、企業や大学などの教育機関、自治体といった場で求めら...

投稿者 candb2012Posted at: